心のニュートラルポジション

フィットネス業界の友人に聞いた話です。


身体には「ニュートラルポジション」があり

身体のどこにもストレスのない状態で
基本の姿勢というものがあるのだそうです。
その姿勢からですと、無理なく次の動作に
移れるのだそうです。


これを聴いた時

心にもニュートラルポジションがあるな~と。


もっと正確に言うと
相手の話を「聴く」時のポジションニングって自然にやっているなァ~。


聴く姿勢=心のニュートラルポジション


と考えてもらえばいいと思います。


聴く時に大切にしていること、それは
相手の話を「受容」することだったり、
相手が話題を変えても瞬時に話に
付いて行ったりすることだったり
相手のことをマルッと承認している状態
といえばよいでしょう!
このことを


「カウンセリング・マインド」と呼んでいます。


相手への「愛」や「尊敬」の土台から「話を聴く」
「聴く」時のポジションてどのようなものだと思いますか?


まずは、

聴くことが出来ない時を思い出していただくと

分かりやすいと思います。


=====
例をだして説明します。
=====

★他のことに意識(気)を取られている時のことです。

 具体的に言うと

 ・会社で大きな失敗をした直後に明日の弁当のおかずは

  何がいいかと電話がかかってきても考える気になりませんよね。


 ・子供さんが大怪我をしたと連絡があったら、

  子供のことが心配で家事どころではありません。

 

 受け入れがたい事態が起こった場合や

 突然の出来事が起こった時は、

 他人の話を「聴く」のは難しいです。

 上記の例はとてもわかりやすいですが、、、。


日常ではあなたが聴いているのか、聴いていないのか
ハッキリと分らないままでコミュニケーションしていることが多いです。


あなたは、相手に話しをている時、
自分の話している言葉を聴いていますか?


聴くことのニュートラルポジションは
自分の話し言葉を聴くことから始まります。


あなたが、人の話を聴いているのか不安ならお近くの研修会場に起こしください。

愛知県近県の方

香川県近県の方

広島県近県の方

近くに開催地がなくても大丈夫!

研修講師の廣岡徹が50分無料相談を受け付けています。

ご相談後、簡単なアンケートにお答えいただくのが条件となります。

「あなたのお悩み【無料相談窓口】はこちら」













「ノウハウ」で生きることに限界を感じているあなたへ

・生きる意味 ・存在価値 ・自分のルーツ このことに答えが出したいなら以下の2つのことに注目して下さい。 1,Spirit=こころざし 2,Way=あり方 ほくれあプロジェクトでは、 この2つをコミュニケーションを通して学び合う研修(人間力発達プログラム)を各地で提供しています。

0コメント

  • 1000 / 1000